企業防衛と盗聴器発見について

どんな企業でも、情報の管理は生命線。
企業防衛を考える上で、情報の管理や盗聴対策、盗聴器発見を考えることは、今や必要不可欠なことです。
当サイトでは、企業防衛と盗聴器発見に関する情報を解説したいと思います。
日本における、労働者の企業に対しての忠心は、二昔前までは他国よりも優れていたように感じられます。
しかし、バブルがはじけ終身雇用制度が揺るぎ、リストラが相次いだ辺りから、忠心を持っていても報われないと感じる人が増え、海外や他の企業への技術流出や情報流出が取り沙汰されてるように感じます。
表だった情報流出や技術流出はバブル崩壊以降の話ですが、実際のところ競合企業との熾烈な争いに、社内に盗聴器が仕掛けられていたなんて話は、昔からドラマなどでも設定されていることありますよね。

企業ではありませんが、実際海外の盗聴事情は想像を超えているところがあり、近年話題になったアメリカの外国要人電話盗聴は規模が大きすぎる問題でした。
しかしこれはアメリカだけが行っている話ではなく、大手商社に務める人が某国へ海外赴任中、盗聴されている事を承知の上で、仕事をしなければいけなかった事。それは周知の事実だった話を耳にしたことがあります。日本では笑い話のようにしか受け取られなくても、実際ネット上の新製品情報流出などを見ていると、海外と日本の企業防衛感覚には、若干のずれがあると感じます。
盗聴への対策だけが企業防衛だけではありません。日本は平和であるが故に(もしくは、どんな分野でもガラパゴス気味なので。)企業の情報に対しての防衛意識は、あまり高くない。そのように感じます。
企業防衛とは、企業に損失を与えそうな問題、経営を脅かしそうな事案を想定し、事前に対策を考えておいたり、打っておくこと。いわゆるリスクマネジメントのことです。
このサイトでは、1方向からだけでない、様々な方向性を持ったリスクマネジメントについて紹介していきます。

企業の大事な情報を守る方法

産業スパイによる情報の流出は、企業にとって大きな打撃です。市場を独占していたのに、外部に情報が漏れてしまい、競合が多数生まれて、価格競争が激化して、業績が悪化する。
これは極端な例かもしれませんが、企業の機密情報が外部に漏れてしまった場合、考えられる被害事例の一つです。
こうなってしまう前に、技術や顧客情報といった機密情報を外部に漏らさないための対策が必要になります。
盗聴器の発見調査も、これらの対策の一つです。

また、産業スパイによるスパイ行為は、どの企業でも起こりえるリスクです。
優良社員の引き抜きやヘッドハンティングによって、競合他社へ情報が漏れてしまうという話は聞きます。こうした、産業スパイと自覚がなく、技術者を引き抜くといった方法で、情報が漏れることを防ぐためにも、従業員の監督は重要なことです。

こうした企業防衛に必要な知識や、対策方法について、こちらのサイトでは紹介しています。
こらから、企業のリスクマネジメントを始めるうえで、役立つ、参考になる情報を紹介します。

盗聴を妨害することは可能か?

そもそも盗聴される危険を無くすことはできないのか?と考える方もいると思います。
盗聴器を発見するのではなく、盗聴器が仕掛けられていたとしても、盗聴器から発信される電波を妨害することで、盗聴を防ぐという方法は存在します。

この盗聴妨害の方法ですが、盗聴に使われる電波を妨害し、電波を受信しても意味のない音にすることで盗聴を防ぐのですが、この妨害方法は、電波を使った方法で、妨害電波を使うとほかの通信にも影響を与え、電波法に違反する可能性もあります。

そのため、技術的には妨害電波を発信して、盗聴を防ぐことは可能ですが、この方法を使うと違法行為になるため、電波を使った盗聴の妨害は現実的ではないという結果になります。

盗聴を防止するには、盗聴器を仕掛ける犯人が容易に会社内部に侵入することができないようにするか、従業員の中で盗聴などの方法を使い、機密情報を盗みだしている者がいないかなど、セキュリティの強化で盗聴を予防するのが一番現実的な方法になります。

そのためには、盗聴器発見調査を定期的に行ったり、従業員の中に会社に対する不満や攻撃の意思がないか、カウンセリングや従業員を管理する人が注意を払うなどの方法で対策をするしかありません。

ここ最近では、海外企業から日本企業の従業員に対してヘッドハンティングも増えているという話もあります。大企業ではこうした情報対策をおこなっているところも増えてきていますが、中小企業だと、対策が遅れているといいます。

企業の情報を守るのは、大企業、中小企業に関わらず会社の運営にも大きな影響を与えるため、早期の対策が必要です。

Copyright© 2015 企業防衛&盗聴器発見ナビ All Rights Reserved.